ロビーの雛人形 Doll Festival
2016年 03月02日
つるや旅館の歴史
改めて、人形の顔を覗き込むと、凛とした表情が美しいです。

明日はお雛祭り。つるや旅館のロビーにもお雛様を飾っています。
日本の美。海外のお客様もたくさん写真を撮っていらっしゃいました。

Look into their faces and you find out they have beautiful faces.
Girls' day so called Doll Festival is tomorrow and we displayed these dolls.
This is the beauty of Japan. Many guests from oversea took photos of them.


軽井沢つるや旅館ひな祭り01
お内裏様とおひな様。気品があります。
The Emperor and The Empress are distinguished.


軽井沢つるや旅館ひな祭り02
三人官女と五人囃子。鮮やかな着物が光ります。
Three court ladies and Five musicians wear colorful kimono.


軽井沢つるや旅館ひな祭り03
雛人形たちが、ロビーを彩り豊かに飾ります。
Our lobby becomes lively with the dolls.
職人さんによる手作り門松
2015年 12月26日
つるや旅館の歴史
今年もいよいよ年の瀬となりました。今朝は、クリスマスツリーを片付け、職人さんによる門松作りが行われました。そして、今年も立派な手作りの門松が飾れらました。早速、海外のお客様が写真を撮られていました。本物の門松、ぜひ、ご覧くださいませ!

Christmas is over and it's time to prepare new year celebration!! We removed a Christmas tree and made new year decoration. Every year, our Kadomatsu, the New Year's decorative pine trees, is handmade. Please visit here to take a look.

軽井沢つるや旅館の門松01
つるや旅館の正月を彩る2本の門松。
A pair of pine trees to celebrate our new year.


軽井沢つるや旅館の門松02
細かい部分もとてもきれいです。
It has beautiful detail.


旧軽井沢子供みこしがやってきました
2015年 08月20日
つるや旅館の歴史
今年も、旧軽井沢の夏祭りが行われました。そして、子供神輿がつるや旅館にやってきました!夏の終わりの風物詩。旧軽井沢の夏の盛り上がりが、子供達の「わっしょい、わっしょい」の掛け声とともにピークを迎えました。
We had a summer festival in Kyu-Karuizawa. Kids started mikoshi at Suwa Shrine and came over Tsuruya Ryokan for a break. This is the feature of summer in Kyu-Karuizawa. 


旧軽井沢子供みこし01
旧軽銀座を子供神輿が登ってきました。
Kids with mikoshi moved on Kyu-Karuizawa Shopping street.


旧軽井沢子供みこし02
つるや旅館の前でお神輿が高く掲げられます。
Mikoshi was swinging up and down.


旧軽井沢子供みこし03
つるや旅館の玄関の中にお神輿が入っていきます。
Mikoshi was going into the entrance.


旧軽井沢子供みこし04
輝くおみこし。
Mikoshi is so shinny.


旧軽井沢子供みこし05
子供たちが、ジュースを飲んで休憩します。
Kids were taking break.


旧軽井沢子供みこし06
そして、また出発していきます。
And, they left for next stop!
つるやの「る」
2014年 04月02日
つるや旅館の歴史

つるやの「る」。江戸時代初期に作られた看板に刻まれた文字です。勢いのある整った字です。つるや旅館の玄関にあります。


This is "ru" of "Tsuruya". It was written around 400 years ago. It's definitely something we can't make again.


つるやの「る」

ナンバープレート作りました!
2014年 01月31日
つるや旅館の歴史

お部屋のナンバープレートを銅板で作りました!昔から、つるや旅館のお部屋には、固有の名前がつけられています。(つつじ、もみじ、ふじ、etc... )しかし、海外のお客様には、なかなかお部屋名の把握が難しいのです。そこで、数字のお部屋番号も併記することにしました。


これから、海外のお客様にももっと泊まりやすい旅館になるよう、いろいろと工夫をしていこうと思っています。ぜひぜひ、アイディアがありましたら、お寄せくださいませ。


We have created room number plates! For long, long time, we have been using unique name for every room. But it's difficult for international guests to remember the name of room. So, we began to combine the name and the number of each room. We are trying to be a more helpful ryokan for international guests. Please let us know if you have any idea we can make for you.


ナンバープレート作りました!

玄関のしめ飾り
2014年 01月07日
つるや旅館の歴史

玄関のしめ飾り。本年も、この玄関で、みなさまをお迎えいたします。


Our entrance's new year decoration. We will see you at this entrance.


玄関のしめ飾り

鶴の絵
2014年 01月03日
つるや旅館の歴史

昨年末から廊下に飾っている鶴の飛び立つ絵。2014年、元気に飛んでいきましょう!


A paint adorned at Tsuruya's corridor, Two cranes taking wings. Let's fly like them in 2014!


鶴の絵

門松を飾りました
2013年 12月26日
つるや旅館の歴史

クリスマスが終わると、いよいよ年の瀬です。今日は、クリスマスツリーを片付けて、つるや旅館では毎年恒例の門松を飾りました。

今は、とても少なくなってしまった、本物の手作り門松。職人さんが2人がかりで作ってくださいました。


After Christmas, we will finally have year end. Today, we cleaned the Christmas tree and set Kadomatsu, the New Year's decorative pine trees. Nowadays, this kind of hand-built decoration is very rare. Thanks to the two craftsmen who made them for us. This is how the decoration has made.


つるやの門松01

まずは、土台を設置しました。



つるやの門松02

そして、土台に竹を立て、砂を入れていきます。


つるやの門松03

1本、1本、丁寧に松を植えていきます。


つるやの門松04

職人さんの真剣な眼差しで、門松に魂が入っていきます。



つるやの門松05

謹賀新年のお飾りをつけます。


つるやの門松06

最終確認。


つるやの門松07

そして、完成!!


みなさまにとって、来年が良い年になりますよう、ご祈願申し上げます。


辻行灯とクリスマスツリー
2013年 12月12日
つるや旅館の歴史

昔からの玄関の辻行灯と後ろのクリスマスツリー。1枚の写真の中で、意外と釣り合いがいいのが不思議です。


Japanese traditional paper shade lamp and Christmas tree are unexpectedly fit together.


辻行灯とクリスマスツリー

つるや旅館の銭箱
2013年 11月20日
つるや旅館の歴史

つるや旅館の銭箱です。江戸時代に使っていたようです。旅人がそばを食べ終わると、チャリンと銭を投げ込んでいきます。銭箱の中には、銭に混じって石ころや茶碗のかけらなども入っていたそうです。


Wooden box for receiving money in Edo era, long time ago. After eating soba, Travelers threw coins into this box and departed. We often received stones and piece of cup instead of coins. 


つるや旅館の銭箱

中山道、軽井沢宿
2013年 11月16日
つるや旅館の歴史

最近、中山道を歩く方がけっこういらっしゃいます。もともと、軽井沢は、中山道の軽井沢宿という宿場町でした。江戸時代の軽井沢は、今とは全く異なる様相だったのでしょう。いろいろ調べて、少しずつ紹介していければと思います。なお、つるや旅館の歴史もご覧下さいませ。http://www.tsuruyaryokan.jp/history/


Recently, we see people walking on Nakasendo Trail. Originally, Karuizawa is one of the post stations. It may be very different from today.


軽井沢宿絵図_editted (2).jpg

デザートに巨峰が加わりました
2013年 10月02日
つるや旅館の歴史

ご夕食のデザートのお選びに期間限定で巨峰が加わりました。軽井沢近郊で採れた巨峰は、甘さがつまりにつまっています。


We added Kyoho Grape in our dessert selection after dinner. It is grown in the farm nearby Karuizawa. So sweeeeet!!


つるや旅館巨峰

江戸時代からの名残
2013年 09月29日
つるや旅館の歴史

中庭には、他にも江戸時代の名残があります。これは、手水鉢でしょうか。今は、すっかり苔に覆われていますが、昔は、何かの道具だったのでしょう。


Our garden has some more items from Edo era. It is supposed to be a stone for receiving water. It is now totally covered with moss, it had been used for a certain purpose.


江戸時代からの名残

つるやの石臼
2013年 09月28日
つるや旅館の歴史

江戸時代の名残が、つるや旅館の中庭にあります。この石。昔は、石臼として活躍していました。


Trace of Edo era still remains at the garden of Tsuruya Ryokan. This stone. It used to be a grind stone long time ago.


つるやの石臼

中山道とつるや旅館
2013年 09月27日
つるや旅館の歴史

今、海外でも、ひそかなブームになっている中山道歩き。江戸時代初期、つるや旅館は、中山道の軽井沢宿の休泊茶屋から始まりました。それから400年たった今も、中山道を歩く旅人がつるや旅館に泊まります。(この写真は、つるや旅館の廊下に飾ってある道中絵巻の一部です。)


Nakasendo trek is becoming boom. Tsuruya Ryokan began as inn of Nakasendo walking trail in the beginning of Edo era. Even after 400 year later, now, Nakasendo travelers stay at Tsuruya Ryokan. (This photo is displayed at corridor.)


中山道軽井沢宿

ロビーに飾られたつるやの水車
2013年 09月25日
つるや旅館の歴史

昨日に引き続き、水車のお話です。実際に使われていた水車の枠は、今、ロビーに飾られています。そこには、「声無くして人を呼ぶ」と書かれています。声をかけてお客様を呼ぶのではなく、徳を高めて、お客様にいらしていただくという、志が刻まれています。これにも、軽井沢の昔と今をつなぐ「想い」が詰まっています。


Continued from yesterday, it's the story about water wheel. This is the frame of water wheel that is displayed at our lobby. It is carved "Attract people without voice". We should not attract customers by using voice but attract them by our own virtue. This is one of the items that has lots of inherited passion.


水車の枠

つるやの水車
2013年 09月24日
つるや旅館の歴史

昔、つるやの当主は、代々「仲右衛門」(なかえもん)が通り名で、隠居すると「作兵衛」(さくべい)と呼ばれ、隠居仕事として、水車小屋でそばの実を挽いていました。その水車のあった通りが、現在の「水車の道」です。そして、その水車の軸は、今、つるや旅館の玄関で、靴べら掛けに姿を変えて、活躍しています。軽井沢の昔を今につないでおります。


Long time ago, the family head of Tsuruya is called Nakaemon and after retirement, called Sakubei. Sakubei's daily work is making soba by using water wheel. Now, Water Wheel Road is where it used to be. Its shaft is used for shoehorn hanger. It is the item that connects past to present.


つるやの水車

いつの日もさわやかな風
2013年 09月15日
つるや旅館の歴史

今日も沢山の方が、さわやかな風を楽しみながら、つるや旅館の前を行き来していらっしゃいました。この写真は、昭和中頃のつるや旅館。今とは建物が違いますが、道の雰囲気、木々の茂る様子はそのままです。このときも、さわやかな風が吹いていたのでしょう。


Today, with enjoying the balmy breeze, many people were walking in front of Tsuruya Ryokan. This picture was taken around 50 years ago. The building is slightly different but the other atmosphere is very similar to today. The people were enjoying the same breeze at that time.


昔のつるや旅館.jpg

Profile
軽井沢 つるや旅館
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢678
TEL (0267)42-5555
FAX (0267)42-7555

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31