つるや旅館は、江戸時代初期に、中山道の宿場町軽井沢宿の休泊茶屋、旅籠鶴屋として開業しました。

明治に入り、宣教師たちの軽井沢への往来が始まると、つるやは旅館業に転じ、日本風の建物のまま、
西洋風な雰囲気を取り入れました。その後、大正には、多くの文人たちが泊まられました。
芥川龍之介、室生犀星、堀辰雄らが、暖かな雰囲気の中で執筆を行いました。
そして、今、幾度かの改装を重ねながら、軽井沢の昔を今につなぐ旅館として、歴史を守り続けています。
Hotel Tsuruya, being one of the oldest hotels in Karuizawa, has a history of over 400 years. It has started in Edo period, as a guest house that included a teahouse. In the beginning of 20th century, several novelists stayed at Hotel Tsuruya. They enjoyed writing novels in the comfort atmosphere with beautiful nature. Hotel Tsuruya has been remodeled several times since then. Today Hotel Tsuruya welcomes guests from various countries to one of the Japan's most beautiful cities.

02.避暑宿と客人たち
再び不毛の地へ

幕末になって、参勤交代が止み、明治18年には、横川--軽井沢間に鉄道馬車が通じるようになっていました。そして、路線からはずれた宿場時代の軽井沢はその面影を失い、再び不毛の地とも言うべき原始の寒村に戻ってしまいました。そこにほのかな光明をさしかけたのはアレキサンダー・クロフト・ショウ師でした。

アレキサンダークロフトショー.jpg
アレキサンダー・クロフト・ショウ氏とその署名文字


見いだされた避暑地

明治初年、内地雑居の令が布かれて外国人の日本国内旅行が自由になるとまずキリスト教欧米各派の宣教師たちが布教旅行をはじめました。英国聖公会の副監督のショウ師もその一人でした。軽井沢に師が立ち寄られたのは七月、軽井沢高原は新しい緑におおわれ、もっともさわやかな季節を迎えていました。故郷のスコットランド、移住先のカナダを思い起こさせる軽井沢に望郷の念をかられた師は、つるや主人仲右衛門の斡旋で大ヶ塚山(つるや旅館前の小山)に民家を移築して別荘を作りました。避暑地としての軽井沢の発見、別荘の第一号です。その後、ショウ師は友人の宣教師も誘って軽井沢の開拓を始めたのでした。当時の外国人達の日常生活は、礼拝、読書、散歩、スポーツとお金をかけない健康そのものの生活でした。人生の慰楽を自然とスポーツに求める「軽井沢雰囲気」を作り上げました。

野外劇01.jpg
明治40年代の野外劇の様子①(プラーニングの「パイパース パイプ」セール邸にて)

野外劇02.jpg
明治40年代の野外劇の様子②(テニソンの「プリンセス」園田邸にて)


宣教師の宿から文士の宿へ

「つるや」が旅館業に転じたのは、ショウ師が軽井沢で夏を送るようになった明治19年頃のことであった。再び活気づいてきた新時代の軽井沢の中にあって、つるやもたびたび改装や増築がおこなわれました。明治半ばの「つるや」の宿泊客は、宣教師関係の方々が多かったのですが、日本人の別荘がポツポツと建てられるようになって、多くの文人、学者、実業家が訪れるようになりました。島崎藤村をはじめ、芥川龍之介、永井荷風、室生犀星、堀辰雄、谷崎潤一郎、志賀直哉、正宗白鳥・・・・・・。「つるや」は文士たちのたまり場となったのです。

北原白秋似顔絵.jpg芥川龍之介似顔絵.jpg
北原白秋と芥川龍之介が描いた似顔絵


「美しい村」の舞台に

「ご無沙汰をいたしました。今月の初めから僕は当地に滞在して居ります。」堀辰雄がつるや旅館で執筆をした小説の一つが「美しい村」でした。軽井沢を舞台に、別れた恋人への思いを断ち切るころ、宿の中庭で少女に出会います。その少女の面影を音楽的に構成したこの作品は、軽井沢の魅力を繊細に表現しています。小説「美しい村」は、現在、軽井沢町の街づくりビジョンとしての要になっています。

img01.jpg