つるや旅館は、江戸時代初期に、中山道の宿場町軽井沢宿の休泊茶屋、旅籠鶴屋として開業しました。

明治に入り、宣教師たちの軽井沢への往来が始まると、つるやは旅館業に転じ、日本風の建物のまま、
西洋風な雰囲気を取り入れました。その後、大正には、多くの文人たちが泊まられました。
芥川龍之介、室生犀星、堀辰雄らが、暖かな雰囲気の中で執筆を行いました。
そして、今、幾度かの改装を重ねながら、軽井沢の昔を今につなぐ旅館として、歴史を守り続けています。
Hotel Tsuruya, being one of the oldest hotels in Karuizawa, has a history of over 400 years. It has started in Edo period, as a guest house that included a teahouse. In the beginning of 20th century, several novelists stayed at Hotel Tsuruya. They enjoyed writing novels in the comfort atmosphere with beautiful nature. Hotel Tsuruya has been remodeled several times since then. Today Hotel Tsuruya welcomes guests from various countries to one of the Japan's most beautiful cities.

01.旅籠「つるや」
「不毛の地」から宿場町へ

江戸時代以前の軽井沢は「不毛の地」と言われ、ひどい寒村だったそうです。徳川の開府に伴い、東西への往来が激しくなると、東海道に並んで中山道もまた五街道の一つとして重要な道路となりました。そして、中山道の一番の宿板橋から数えて十八番目の軽井沢宿は、碓氷峠の登り口の宿場で、峠越えをした旅人や、朝立ちで峠を越えようとする客人たちでにぎわうようになりました。

軽井沢宿絵図.jpg
軽井沢宿絵図


「つるや」茶屋時代

参勤交代時代の「つるや」は、休泊茶屋を営む旅籠でした。当時は、現在の「つるや旅館」の位置に、間口七間一尺(約13メートル)の店を構えていたのです。街道の際まで長く出張っていたひさしの下と、中の広い土間には縁台がいくつも並んでいました。上客は奥へ通って鯉料理や「しっぽくそば」で一杯やっていました。 休泊茶屋の飯時は忙しかったようです。峠を上り下りする旅人が、朝昼夕とひっきりなしに立ち寄って、縁台の上のものを立ちながら食べて行きます。縁台の中程にはお賽銭箱のような大きなけやきの銭箱がすえてありました。旅人は食べ終わると、チャリンと銭を投げ込んでいきます。銭箱の中には、銭に混じって必ず石ころや茶碗のかけらなどが入っていたそうです。旅用の乏しい旅人がただで食べて行ったのでしょう。

軽井沢宿.jpg
吾嬬紀行に見る宿場の情景


つるやの水車

「つるや」の当主は、代々「仲右衛門」(なかえもん)が通り名で、隠居すると「作兵衛」(さくべい)と呼ばれました。「つるや」裏にあった水車小屋は、そばの実を挽くためのものであり、作兵衛水車といって、隠居仕事になっていました。現在、水車小屋のあった通りは、「水車の道」と呼ばれ、旧軽銀座と平行する緑溢れる散歩道となっています。水車の車軸の一部は、現在、つるや旅館の玄関口で、靴べら掛けとして活用され、枠はロビーに飾られています。

水車の軸.jpg
玄関で靴べら掛けとなった水車の軸

水車の枠.jpg
ロビーに掲げられた水車の枠